GoogleのSEOではリンクのページについても単語配置がものをいう。
その前に言うまでもないが、良い内容の相互リンク募集が大事です。ところが……それを大量にできるのならいざしらず、弱小企業や個人サイトなどでは難しいでしょう。
九割以上そのあたりでGoogleのSEOを失敗してるのも頷けよう。

主にGoogle検索エンジンが評価しているのは〜キーワードとリンク。つまり”単語”と”支持”です。 ロボットなのだから、それ以外はほぼ評価できない。
この単語の配置などはSEO対策でもあなたの自由にさせられることだ。
一方後者の、どれだけあなたが支持されているのか?だが残念ながらこれには限界があるのだ・・・
よって大事なことをまとめると、、GoogleのSEOでは”単語配置”ならびに”そのビジネスとしての相互リンク募集”が必要でしょう。注意したい!
(◎以上踏まえましてご説明申し上げたいが、後者については〜相互リンク募集が必要なGoogle検索エンジン!〜をご覧いただければと思います◎)

さて、単語配置についてだが『デジタル内職がてんこもり』という架空サイトにてご説明します。
このビジネスで主張したいのはデジタル内職だ。ここまでは誰でも決められるが、それ以外の優先順位付けがなされてない。

GoogleのSEOでは、まずは単語の優先順位付け!これを検索エンジンは評価しようとする。
即ち、ビジネスとして〜「デジタル内職」が多い?そうでしょうか? それとも「GoogleのSEO」なのか?いやもしかしたら「相互リンク募集」のページ内容・・・このように、どのようにもGoogle検索エンジンが評価できるようではいけない。SEOは単純でないのですよ。

サイトでは似たようなデジタル内職情報が多くなってしまうのが世の常で〜
〜先にそのビジネスをやっていたライバル達などと似たようなコンテンツになりがちだ。
このようなコピーサイトばかりで、Google検索エンジンとしましてもその評価や捉え方に困っているというのが本音だろう。
そこで鑑みられるのが存在根拠で、「サイト全体で一番言いたいことはなに?」とあなたに質問しているのだ。
よって、積極的アピールを仕掛けたいなら、サイトで一番主張したいことではなく、それ以外の情報だ。

こちらは相互リンクの募集にも関係する内容ですが、サイトのすべてのページが良い内容であることが大切です!
Google検索エンジンへのSEOの情報・・・(紹介します)/


さて良いページであってもこちら注意したい。
どのようにも評価できるようにさせない!ためのGoogleのSEOでは出現量も考えないとならないはず。
評価についてはあなたがGoogle検索エンジンになりきって考えれば済むことだ。SEOの単純な部分としてサイトに必要な「デジタル内職」が少なかったら評価のしようがないだろうそもそも。
ところがだ、単語の出現量が大量なほど高評価なわけでもない…ではどうすれば???


これは当たり前だが、GoogleのSEOにおきましてサイト内で主張したいことだけで評価していない…となれば、残る要素は単語配置のみだ!
そこでも、主張したいことではなくそれ以外の優先順位付けが大事となってくる・・・

ビジネスとして「デジタル内職」をあなたが主張したいのはよくわかった。で、それ以外はどう?
質問したいのですよGoogle検索エンジンとしても評価をするために。

つまり、サイト内で主張したいことに対しそれ以外がどのように絡むのかでしたり、優先順位二番手は何なのかを探していると考えていいだろう。
これらを鑑みての単語配置がものをいう。そこが曖昧であれば低い評価となるのだ。

あなたはGoogle検索エンジンに対して積極的アピールされてますか?GoogleのSEOでは、何かを決めたらそれを意識的にやることが重要だ。こちら注意して下さい。

※ 『Google検索エンジンは複雑だ?-デジタル内職』 サイト全体での表現の正確性などは保証できかねます

SEOで気づいたこと-相互リンク募集のやり方?