デジタル内職とは?説明します! 現在、ビジネスとしては死語だろうか・・・ とりあえず言葉どおりでアナログ的作業以外〜を示してる。 デジタル内職を端的に言うと主軸はネット系だ。
Googleで検索して見つけた。ご存知かもしれないが、副収入としてのデジタル内職というビジネスは〜多種多彩で、増殖するデジタル内職〜のように情報サイトにて昨今も取り上げられている。

--- アップルストアの裏方達(クラウドソーシング)自宅でネットを使い掲載文書や画像作成、携帯電話アプリの不具合検査など。報酬は数十円〜数万円が主体。
米国が先行してきたが、日本でも業務外注したい企業と働き手をネット上で結びつけるサービスが増えつつある。 正確な数はわからないが、デジタル内職人口は数十万人とも言われています ---

さて簡単に説明すると、デジタル内職とは〜動画サイトの閲覧/アンケート回答などでして・・・引っ括るめると”ポイント系サイト”と言えよう。指示された動画サイトをあなたが閲覧したり、アンケート回答をしてポイントを得る内職だ。
ポイントだが、現金交換やamazonギフト券への交換、はたまたマイルへの移行など・・・これまた多種多彩。
ご自身が最もお得な情報と思う方法論をご選択するわけだ。

ビジネスとして個々の収入は微々たるものだが、全体〜ということで鑑みれば存在根拠はあるでしょう!
いわずもがな複雑だ。。



こちらもGoogleで検索して見つけた。お得な情報というかちょっとデジタル内職ではないですが・・・
ビジネスとして考えた場合のGoogleのSEOなどにも言えるのだが、サイトの運営などでコスト削減が必要だ。しかし確認してみてください。
あなたがケチなのはよくわかる・・・ が、本末転倒になっていないか?

仕事の内容によってこれはケースバイケースだが、かけるところにはかける〜ということです。。
ただし、サイトやブログなどは自分で作成しましょう。 

ビジネスは相互リンクと同じで、なんとなくやっていてはダメ!!
(詳しい説明はページを見てください)

※ 『Google検索エンジンは複雑だ?-デジタル内職』 サイト全体での表現の正確性などは保証できかねます